石垣島

ダイビングポイント紹介|石垣島西部エリア

石垣島ダイビングMAP|石垣島西部エリア 石垣島ダイビングポイント米原アウトリーフ 石垣島ダイビングポイント川平石崎マンタスクランブル 石垣島ダイビングポイント崎枝ビックアーチ 石垣島ダイビングポイント崎枝迷路 石垣島ダイビングポイントコーラルウェーブ 石垣島ダイビングポイント御神崎エビ穴 石垣島ダイビングポイント屋良部崎 石垣島ダイビングポイント大崎ハナゴイリーフ 石垣島ダイビングポイント大崎ミノカサゴ宮殿 石垣島ダイビングポイント大崎アカククリの根 石垣島名蔵アカククリの根 石垣島ダイビングポイント秘密の根(大崎の半島の東)
米原アウトリーフ
石垣島ダイビングポイント米原アウトリーフ

元気なサンゴにハナダイ・ハナゴイが乱舞し、うっとりとしてしまうポイント。
マクロ派おすすめのポイントです。

川平石崎マンタスクランブル
石垣島ダイビングポイント川平石崎マンタスクランブル

世界有数のマンタホバーリングポイントです。
水深12mに無数に根が点在し、その根にマンタがクリーニングをねだりにやってきます。マンタが根でホバーリングする際、根の中腹で待つダイバーのスノーケルがぶつかる位近づいてくれますよ。 ここは、マンタ以外にも地形・サンゴが元気なので色々と楽しめます。

崎枝ビックアーチ
石垣島ダイビングポイント崎枝ビックアーチ

沖に向かって張り出したリーフを回り込むと、高さ3mの大きなアーチが。アーチをくぐるとボート1隻入るくらいの大きなドームがあり、キンメモドキやハタンポの仲間などが群れ泳いでいる。天井の隙間から射しこむ光がとっても神秘的。穴の奥が出口になっており、ブルーの海、光と影をたっぷり堪能できる。

崎枝迷路
石垣島ダイビングポイント崎枝迷路

地形派ダイバーには、たまらないポイント。迷路のようになったクレバスの間をくねくね進んでいくと、ぽっかりと大きな口を開けた洞窟の入り口へ。暗闇のホール内に天井の隙間から光のシャワーが降り注ぎ、神々しいばかり。浅瀬にはスーパー珊瑚が広がっている。

コーラルウェーブ
石垣島ダイビングポイントコーラルウェーブ

御神崎の灯台を南に回りこんだ、静かな入り江で、エントリーしてビックリ!水深2~3mのリーフの棚には、手も足もつけられないほどサンゴがびっしり。リーフの切れ込みは魚群の通り道になっていて、ナポレオン、カメ、顎が外れそうなほど大きな口を開けるグルクマの群れなどが現れることも。リーフにはレクバスやアーチもあり、神秘的。

御神崎エビ穴
石垣島ダイビングポイント御神崎エビ穴

浅瀬のリーフをびっしりと覆い尽くすサンゴと、迷路のような地形、海底のガレ場のハゼ類と、見所いっぱい。いくつものアーチを抜けるたびに出てくるサンゴ礁に囲まれた天然プールは幼魚たちのゆりかご。

屋良部崎
石垣島ダイビングポイント屋良部崎

当たれば、イソマグロの群れやブラックフィンバラクーダの群れなどの大物が見れるポイント。また、他では見ることがない、海底遺跡のような地形も、楽しめる。深場のヤギの仲間には、ピグミーシーホースが擬態して見つかることも。

大崎ハナゴイリーフ
石垣島ダイビングポイント大崎ハナゴイリーフ

2~5月には、水深5mのユビエダサンゴにコブシメがいっぱいやってくる!目の前でメスをめぐって、オス同士の威嚇、そして求愛、産卵が見られるのだから、迫力がありますよ!深場には、石垣島で発見されたナカモトイロワケハセが生息している。

大崎ミノカサゴ宮殿
石垣島ダイビングポイント大崎ミノカサゴ宮殿

水深28~30mから立ち上がる隠れ根に、スカシンテンジクダイやキンメモドキがびっしり群れていて、それを捕食しようとハナミノカサゴがたくさん集まってくる!フォト派ダイバーには、人気のポイント。

大崎アカククリの根
石垣島ダイビングポイント大崎アカククリの根

水深12~13mのところにアカククリが群れているポイント。また水深2~3mの浅瀬では、ハマクマノミ・クマノミ・カクレクマノミがすべて見られるので、初心者の方でも楽しめるポイント。水深25~26mの砂地では、ヤシャハゼやヒレナガネジリンボウの姿も。途中でジョーフィッシュも見つかるかも。

名蔵アカククリの根
石垣島ダイビングポイント屋良部崎

水深18~23mの大きな根の周りに、多い時には50~60尾ものアカククリの群れが見れるポイント。透明度はあまり期待出来ないが群れの数に圧倒されること間違えなし。

秘密の根(大崎の半島の東)
石垣島ダイビングポイント秘密の根(大崎の半島の東)

すべてが楽しいポイント!
どんなポイントなのかは潜ってからのお楽しみ!

安全・安心・楽しいダイビング
           
▲ページトップへ戻る▲ページトップへ戻る